【基礎知識】流通物件と独自物件の違い

【基礎知識】流通物件と独自物件の違い


【基礎知識】流通物件と独自物件の違い
"流通物件というのは、賃貸アパートやマンションなどを管理している大家さんが、不動産屋によって扱われているもののことを言います。
つまり多くの不動産屋で紹介がされている物件を多く持っているのがターミナル型不動産屋と呼ばれている不動産屋なのです。

独自物件というのは、その不動産屋のみでしか取り扱っていない物件のことであり、大家さんから直接依頼を受けて扱っている物件のことを言います。
地域に密着をしている不動産屋で多く、中には掘り出し物件と呼ばれる理想的な物件と出会える可能性が高くなります。

独自物件は物件自体は、大家から直接情報をもらっているので比較的新しく、また物件状態も良好なものが多くあります。
どこでも紹介をしてくれる流通物件に注目をするのではなく、まず最初は独自物件を中心として探していくと良いでしょう。"



【基礎知識】流通物件と独自物件の違いブログ:2019-08-21

ダイエットに成功したら、
やっぱり肉体のラインはスッキリ見せたいですよね。
そういう意味では、体重や体脂肪率よりも
サイズが重要だと思うんですよね!

だたら、わたくしはダイエット中、
肉体のサイズを測るべきだと思うんです!

測るところは…
「バスト」「ウエスト」「ヒップ」
「大腿部」「ふくらっぱぎ」の5ヶ所。

できれば、ダイエット中は
一週間に1回のペースで測るようにしましょう。
そして、きちんと記録を取っておきましょう。

ダイエット中にサイズを測る意味として重要なのは、
体重が減る時期とサイズが減る時期は同時ではなく、
交互に来るということなんです。

つまり、体重が減らない!とイライラする、
いわゆる「停滞期」は、
実は、サイズがキュッと締まってくるタイミングと同じ。

体重がたとえ減っていなくても、
サイズが減っていれば、
ダイエットはうまくいっているという証拠なのです。

なので、自分が「やせた!」と思う時期と、
人から「やせたね!」と言われる時期は、
タイミングがズレるんですね。

自分がダイエットに成功したと思うのは、体重が減ったときですが、
このときはサイズはまだあまり変わらないので、
見た目にはダイエットがうまくいったように見えません。

逆に、体重が減らなくてちょっと落ち込む時期には、
サイズが減るので、見た目にスッキリとした印象を周りに与えるのです。

でも、最終的に体重がどんなに落ちても、
見た目にあまり変化がないようなダイエットだったら、
あまり意味がないですよね。
素敵な洋服だって、キレイに着こなせません。

たとえ体重はまったく変わってなくても、
ウエスト周りが2cm減ったら、見た目の印象はかなり変わりますよね!

皆さん!ダイエットを成功させて
ナイスバディを手に入れましょう!
【基礎知識】流通物件と独自物件の違い

【基礎知識】流通物件と独自物件の違い

★メニュー

【基礎知識】家賃交渉をする時のコツ
【基礎知識】賃貸契約する時には審査がある
【基礎知識】良い不動産屋の条件
【基礎知識】ターミナル型の不動産屋
【基礎知識】流通物件と独自物件の違い
【基礎知識】良い賃貸物件選びの近道
【基礎知識】貴方の条件が現実的かをチェック
【基礎知識】賃貸マンションを選ぶメリット
【基礎知識】賃貸の物件情報で費用面を確認
【基礎知識】物件探しで下見はとっても重要


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)とっても簡単に見つかる理想の賃貸